結婚式のスケジュールの立て方

まずはゲストを決めていく!

結婚式のスケジュールを立てる時、まず最初に決めなければいけないのが、誰を呼ぶかです。経験してみないとわからないことですが、招くゲストを決める時はかなり頭を使います。
親戚や会社関係、友人・知人など羅列していくと、どこまで呼べば良いのか分からなくなってしまいがちです。親戚などは、親や兄弟に相談をして決めることができますが、仕事関係だと今までの社員がどうしてきたのかなど、調べなければいけません。前回は呼ばれたのに、今回呼ばれなかったなど気にする人も意外といるので、慎重な下調べが必要です。

新郎・新婦でバランスを取ることも大切です。新郎の方が人数が極端に多くなってしまったり、その逆も、程度が行きすぎると肩身の狭い思いをゲストにさせてしまうかもしれません。

席決めも大切なプロセス!

誰に来てもらうのかが決まったら、今度はどこに座ってもらうのかも決めなければいけません。大前提として、親や兄弟は新郎新婦から1番遠いところに座ってもらいます。そして親族・友人・会社関係と近づけるのが基本です。関係が近い・深い人ほど遠くなるイメージです。
どこが1番良い席なのかは、会場によっても違います。司会者と新郎新婦の座席の関係や、テーブルの配置によっても違ってくるため、気をつけなければいけません。

新郎と新婦のゲストは真ん中を境にして、左右に分かれる形がスタンダードです。1つのテーブルに新郎と新婦のゲストがどちらもいるような席ができるときは、友人などをまとめると無難でしょう。
親戚の席などは、近い親類に相談をして、どこに座ってもらうか決めた方が良いです。早めに動くことが、何より重要です。

結婚式を安く挙げるには、レストランウエディングなど小規模なスペースを利用するのもひとつです。ブーケや印刷物を手作りにすることで節約にもなるでしょう。さらにフォトウェディングで済ませる手もあります。